2017/07/24

進化系

ときどき会う彼らはあまり話をしない
声に出す言葉のほとんどは
「こんにちは」とか「ありがとう」とか
基本的な挨拶だけで
でも決してそれを忘れたりしない

「ありがとう」に抑揚をつけることもないし
大げさに手を振ることもないけど
風が吹けば風に吹かれて
いつも穏やかにしている

たいていの時間は
微笑んだような顔をしていて
どこか植物に似ている

2017/07/20

理想主義者

こっそりと望んでいたことは、
何度かの機会を得て
その思いが強くなってくると
とうとう現実になるといということを
信じたくなるような出来事がありました。

せっかくだから、
こっそりなんてしてないで
堂々と望んでみればいいのだが、
"こっそり一人で" ってところが
肝心な気もして。

誰かにいいことがあったとき、

「ああ、この人は一人でずっと望みつづけていたんだな」

と、その人のひとりの時間に思いをはせると、
胸がこそばゆい感じがして、
本当によかったなと思う。

こそばゆさの正体は、
たぶんトキメキ(ダサイ笑)に似たもので、
こういうのが喜ぶってことかなと思いました。

この暑さで周囲を見る目に、
ロマンチックが止まりません。

romanticist:魂のこもった愛の理想主義者 web辞書より

2017/07/19

空っぽ

空っぽだと調子がいいなと
近頃思う。

空っぽなときは
目の前がおおきく
開けている感じがするのだ。

人も自然もくだらないことも、
すべてのものが境界をなくして
空っぽのわたしを通り抜けていって、
ただただ心がかってに愉しみはじめる。

もっとずっと空っぽになれたら
矛盾はどこかでつながって、
空っぽは結局、
満たされつづけるということに
つながっていくんだろうか。

 空っぽになりたいくせに
欲張りだな・・笑

八月に向けて仕事をしつつ、
この暑さに妄想が止まりません。

2017/07/08

目の中


町の大通りも緑がいっぱい。
目の中を緑だけでいっぱいにしてみたくてと、
目を細めて眺めてみる。

中学生のころ、
いつもの畦道で犬の散歩をしながら、
目の中を夜の空だけでいっぱいにしてみようとして
転んでみぞおちを打ち、
息もできずに5分くらい
土や蟻んこや雑草を眺めながら
クマちゃん(柴犬です)に
引きずられていたことを思い出す。

大学生のころ、
実家へ帰省したときに
海でもやって、やっぱり転んで、
そのときは岩とフジツボと
カラカラに乾いた海藻を見つめながら
母の悲鳴を聞いてた。

いままでの結論としては、
目の中にはどうしても見たいものだけじゃなくて、
別の何かが映り込む。

そして馬鹿は転んでもなおらない。
あぶないのでほどほどに。

2017/07/07

+++



ダンスの動画にはまってます。
七夕。

父にメールをしたら、
まだ海の向こうへなんて出かけてなくて
ふつうに家にいたのだった。

メールでやりとりをするようになって
はじめて知ったけど、けっこう
かわいい文章を送ってくる。

わたしは近ごろ鉛筆作業。
シンプルでしあわせな道具ですな。

2017/07/05

誰のこころも

あの人はぶっきらぼうな冷めた声で、
案外やさしいことを言っていたなと後で気付く。

誰のこころものぞけないものだな、
と思う出来事がありました。

逆よりも100倍いいことだ。

それとは全く関係ないけど、
今日は父の誕生日でした。
メールするの、忘れてました。
どうやら海の向こうへ出かけているもよう。

おめでとう、お父さん。

もう昨日になってしまった。

ひさびさ

ひさびさ、
worksを更新しました。

『ぼくが死んだ日』