2017/07/20

理想主義者

こっそりと望んでいたことは、
何度かの機会を得て
その思いが強くなってくると
とうとう現実になるといということを
信じたくなるような出来事がありました。

せっかくだから、
こっそりなんてしてないで
堂々と望んでみればいいのだが、
"こっそり一人で" ってところが
肝心な気もして。

誰かにいいことがあったとき、

「ああ、この人は一人でずっと望みつづけていたんだな」

と、その人のひとりの時間に思いをはせると、
胸がこそばゆい感じがして、
本当によかったなと思う。

こそばゆさの正体は、
たぶんトキメキ(ダサイ笑)に似たもので、
こういうのが喜ぶってことかなと思いました。

この暑さで周囲を見る目に、
ロマンチックが止まりません。

romanticist:魂のこもった愛の理想主義者 web辞書より